ナイアードのヘナ

混ぜ合わせる染め方

ヘナ100%、ヘナ+木藍 黒茶系をブレンドしてつくる茶系の染め色です。
白髪を自分好みの茶色に染めたい方に。

ヘナ100%とヘナ+木藍 黒茶系を混ぜ合わせる染め方

① 洗髪

お湯で髪をぬらし、
水気をかるく拭きます。

② ペーストづくり

粉とお湯の1回分の使用目安量
髪型 お湯(45℃ほど)
ショート 30〜50g 110〜180cc
セミロング 50g〜 180cc〜
ロング 100g〜 360cc〜
特に初めての方、髪の量が多い方は、粉を目安量より20g増やし、たっぷり使用すると塗り残しもなくきれいに染め上がります。
ポイント! お風呂より少し熱めのお湯(45℃ほど)でマヨネーズほどの固さのペーストを作ります。
お好みの割合で混ぜ合わせてください。
「ヘナ100%」が多いと赤茶系寄りの仕上がりに
「ヘナ+木藍 黒茶系」系が多いと黒茶系寄りの仕上がりになります。
※ 「ヘナ100%」の代わりに「ヘナ+ハーブ」を使用することも可能です。
ポイント! ※ お湯と混ぜ合わせると同時に木藍が発色をはじめます。時間をおかず、すぐに塗りはじめます。

③ 塗る

ポイント! 手袋をし、白髪が気になる生え際や根元からしっかり塗りはじめます。
長い髪は頭頂部から塗り、だんご状に巻きつけていくと塗りやすいです。
生え際、こめかみなど白髪が気になる所はたっぷりペーストを塗り、ティッシュで押さえます。

④ 保温して40分待つ

ポイント! ラップを巻き、ペーストの乾燥や液だれを防ぎます。
ポイント! ラップの上からドライヤーで2~3分温めます。
ポイント! 保温性の高いキャップ等をかぶり、40分待ちます。

⑤ 洗い流す

ポイント! ペーストをよく洗い流し、シャンプーまたはお湯のみで洗髪して終了です。
洗い流した直後は、緑色や薄茶に見えることがありますが空気に触れ1~3日で落ち着いた色味に変化します。髪が濡れた状態が長いほど発色が進むため、ドライヤーを使わず自然乾燥がおすすめです。

ヘナ製品一覧